2010年01月29日

首相、普天間移設先「昨年末に決めなくて良かった」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先について、「昨年末までにもし結論を出していたら、どうなっていたかと考えたとき、5月まで(に決める)というかたちにして今は良かったと思う」と述べた。

 県外、国外への移設を求める沖縄県民の感情に配慮し、議論を深める時間を確保したことを強調したかったとみられる。24日には名護市長選の投開票があり、現行計画通りに同市内のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するかどうかが焦点になっているだけに、首相の発言は影響を与えそうだ。

矛盾と謎 不可解説明 政治資金めぐり 小沢氏強気どこまで…(産経新聞)
阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)
郵便不正事件初公判、村木元局長は無罪主張(読売新聞)
デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕−警視庁(時事通信)
FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)
posted by キタヤマ タツヤ at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。