2010年06月18日

<はやぶさ>カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
はやぶさ:任務完了…JAXA教授「神がかり的だった」
はやぶさ:世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認
はやぶさ:「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る
はやぶさ:カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還

運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
民主「単独過半数」に迫る勢い 立候補予定者400人超(産経新聞)
ユーチューブに30作品118話投稿=逮捕の中3、発売前に―京都府警(時事通信)
芦屋大職員が就活セクハラ(スポーツ報知)
<民・自マニフェスト比較>政策差、見えにくく(2) 子育て(毎日新聞)
posted by キタヤマ タツヤ at 20:30| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。