2010年06月18日

<はやぶさ>カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
はやぶさ:任務完了…JAXA教授「神がかり的だった」
はやぶさ:世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認
はやぶさ:「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る
はやぶさ:カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還

運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
民主「単独過半数」に迫る勢い 立候補予定者400人超(産経新聞)
ユーチューブに30作品118話投稿=逮捕の中3、発売前に―京都府警(時事通信)
芦屋大職員が就活セクハラ(スポーツ報知)
<民・自マニフェスト比較>政策差、見えにくく(2) 子育て(毎日新聞)
posted by キタヤマ タツヤ at 20:30| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

<自民党>岩国哲人氏が政調会顧問に(毎日新聞)

 自民党は7日、党政務調査会顧問に民主党副代表を務めた岩国哲人氏(73)を起用すると発表した。岩国氏は島根県出雲市長を経て96年衆院選で当時の新進党から初当選し、連続4回当選。昨年の衆院選には立候補せず引退した。自民党本部で記者会見した岩国氏は「民主党のあら探しではなく日本の政治のために役に立ちたい」と述べた。

高選択的DPP−4阻害薬ネシーナの安全性に期待(医療介護CBニュース)
<労災認定>会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署(毎日新聞)
<窃盗>コンビニで「今から盗むけん、警察呼んでくれ」と万引き 「刑務所行きたくて…」(毎日新聞)
自宅で覚せい剤密造=容疑のイラン人2人逮捕―警視庁(時事通信)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
posted by キタヤマ タツヤ at 04:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

口蹄疫 「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)問題で1日、宮崎県入りした鳩山由紀夫首相。4月20日に感染疑いが確認されてから6週間。首相本人も「遅ればせ」と認めるタイミングでの来県に、被害農家や関係自治体の反応は冷ややか。「なんで今ごろ?」「どうして現場に足を運ばないの」と、わずか2時間余りの駆け足訪問に批判の声が上がった。

 首相は午前11時過ぎ、青い作業服姿で県庁入りし東国原英夫知事と対談した。当初、この席に被害農家が同席する予定はなかったが、31日に東国原知事が「僕に会う時間があれば、農家の生の声を聞いてほしい」と記者団に述べたことなどから、急きょ実現。被害が最も深刻な川南町から畜産農家2人が出席し、窮状を訴えた。

 肥育牛420頭を全頭処分した岩崎勝也さん(40)は「首相はいろいろ言ってくれたが、現場は作業が進まない。地元との温度差を感じる。首相が言うことは内容が漠然としていて農家にとって光とは思えない」と肩を落とした。

 また、養豚農家で1万6000頭を殺処分した河野宜悦(のりよし)さん(48)は「農家は明日のことも分からない状態。首相には現場に来て、肌で悲惨な現状を感じてもらいたかった。農家の苦しみは誰が分かってくれるのか」と憤りを口にした。

 首相が現地入りをせずとんぼ返りしたことに、関係自治体の首長も一斉に反発。川南町の内野宮正英町長は「危機管理の対応がなさ過ぎる。現地を視察しないで、理解できるはずがない」と痛烈に批判した。【石田宗久、蒔田備憲、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:沖縄・石垣で「症状」
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
口蹄疫:宮崎県が農家補償に426億円 補正予算案を発表
口蹄疫:宮崎県が種牛49頭の殺処分実施 「安平」も含む
口蹄疫:鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談

景気の「谷」は昨年3月=戦後最大級の落ち込み―内閣府(時事通信)
鳩山首相が辞意 閣僚明かす(産経新聞)
【首相辞任】谷垣氏「問題投げ出し、選挙目当て退陣」 自民、緊急役員会で対応協議(産経新聞)
線路脇に三脚、「撮り鉄」異例の書類送検(読売新聞)
国会会期の延長検討=参院選、7月25日にずれ込みも―菅新首相(時事通信)
posted by キタヤマ タツヤ at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。